fc2ブログ

nail-biter 意味:ハラハラドキドキの状況 例文/It's going to be a nail biter.

nail-biter-英語スラングイディオムイメージ


nail は「爪」、biter は「噛む人」 で、 「爪を噛む(癖がある)人」 とそのままの意味です。

→→→ I was a nail-biter at a young age.
幼いころは、爪を噛む癖があった。

緊張した状況になると、爪を噛む事から、nail-biter には、緊張した状況 → 「ハラハラドキドキのもの(状況や展開)」 という意味も持ち合わせています。

タイトル文の It's going to be a nail biter. の nail-biter は、 「ハラハラドキドキのもの(状況や展開)」 という意味になり、

文の意味は、「それは、先が読めない展開になるだろう。」 となります。


スポーツや選挙などでも使用されるフレーズで、ハラハラドキドキするようなスポーツの試合が行われた後には、記事のタイトルにも以下のように使用されたりします。

Nail-Biter Endings in Soccer

Top 8 thrilling most nail-biting football finals


nail-biter の意味



スラング/イディオム:nail-biter (nail biter)

意味:ハラハラドキドキする状況、先が読めない(話や映画など)
(a situation is very exciting or worrying)



どんな時に言う?

ハラハラドキドキする状況や、先が読めないストーリーを表現したい時。




nail-biter を使用した例文



応用例文


The movie was a real nail-biter.
映画は、本当にハラハラドキドキした。

In a back and forth nail biter of a game, the Ironmen defeated the league champion Lock Monsters by a score of 16-15.
ゲームは接戦で、アイアンメンはリーグチャンピオンのロックモンスターを16-15のスコアで破った。






合わせて読みたい! 形容詞の nail‐biting




形容詞の nail‐biting

nail‐biting は、形容詞となり名詞を修飾する表現で、「ハラハラドキドキの」 という意味になります。

→→→ That is a nail-biting movie.
あれはハラハラドキドキする映画です。


試合では「手に汗握るような」 というような感じのニュアンス。

→→→ It was a nail-biting game.
手に汗握るような試合だった。



♡Aliceの本日の 英語スラング 応用ぼやき♡

The movie, the fable was a real nail-biter.

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 見に行きました!
ハラハラドキドキ、おすすめです~ヽ(o´3`o)ノ

関連記事


事柄 | 【2021-07-07(Wed) 13:30:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © スラング英語-Alice in Wonder SLANG All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*